プリリジーを服用することで副作用に?

初期段階で副作用が起こる

男として恥ずかしい悩みである早漏ですが、プリリジーを服用することで、射精時間を約5倍以上延長してくれます。

 

コレはほんとうに有難い治療薬で、世界初の早漏を防止する薬の作用になります。
なおかつ、病院やクリニックなどで処方を受けることなく、インターネットで購入できるのも良い所の一つ。

 

 

しかし、プリリジーは脳内神経伝達に作用すること、早漏防止以外にも作用するために、副作用が起こることがあります。

 

あくまでも、効果効能のメリットだけを考えるのではなく、デメリットである副作用が起こるとも理解して使うことが重要となります。

 

プリリジーの副作用として、
「頭痛、めまい、下痢、はきけ、睡眠、喉の痛み」など、軽度の副作用が起こりやすいとされています。

 

どうしてこのような作用が発症するのか?
実は、プリリジーの成分であるダポキセチンはセロトニンの増量の他に、抗コリン作用を活発にする作用が報告されています。

 

抗コリンは、体内のアセチルコリンの物質を阻害してしまう悪い作用があるため、副作用として頭痛やめまい、吐き気などが起こってしまいます。

 

この抗コリン作用に対しては、プリリジー以外にも一部の薬剤である「抗うつ薬、花粉症、アレルギー薬」にも似たような作用があります。

 

症状が強い場合は

プリリジーの場合、副作用は初期段階に発症すると言われています。
これは、単純に薬を初めて服用することで、体内がまだ慣れていないことで、起こる典型的な副作用のパターンだそうです。

 

継続的な服用により、頭痛や吐き気などの頭痛も次第に弱まるそうです。

 

ただし、服用する人により、症状が長期間に渡り続く人もまれにいるとのことなので、まずは医師など、詳しい人に相談をすることが重要になります。